弁護士が解説!離婚問題用語集

離婚に関する用語を、弁護士が分かりやすく解説します。

悪意の遺棄慰謝料氏の変更許可の申立

悪意の遺棄(あくいのいき)

離婚原因のひとつです。 典型的イメージは 妻子をほっぽり出して出ていってしまったというものです。 実際「アクイのイキ」という意味不明の日本語なので その意味するところは、曖昧で漠然としています。 注意事項としては、愛想をつかしたからと言って 勝手に自分から出ていって別居を始めると その行為は「悪意の遺棄」とみられて その後の離婚交渉が不利にになる可能性があることです。 できれば、お互いの同意のもとで別居 そうでなくても、別居せざるを得なかったんだといえるだけの状況が あるかどうかを考えた方が良いでしょう。

慰謝料(いしゃりょう)

離婚で求める給付の一つです。 離婚になれば女は慰謝料をもらえると思っている人もいますが 旦那に不貞行為とか暴力とか違法な事由がなければ慰謝料は発生しません。 逆に、女性側に違法な離婚理由があれば 男側から慰謝料請求できることになりますが 裁判所は女性側に慰謝料の支払いを命じることには やや消極的な気がします。 慰謝料の相場という話がありますが 判決になれば200万円、300万円という金額が出てきます。 金額については裁判官次第で違ってきます。 さらに、判決で慰謝料が決まることは希で 通常は話し合いで決まりますので 判決での相場もあまり重要ではありません。 基本的には、交渉時の力関係で決まります。 慰謝料が高額になりやすいのは、収入豊富な男に新しい女ができて 早く前妻と別れたいときに 「金は出すから早く別れてくれ!」となるパターンです。 なお、交渉ごとは粘れば条件がよくなることが多いのですが こと離婚交渉については、突然前言撤回で条件が悪化することもあるので 粘りすぎは注意しましょう。

氏の変更許可の申立(うじのへんこうきょかのもうしたて)

母親が離婚をして旧姓に戻り 子供もその旧姓にしたい場合は 家庭裁判所で手続きをする必要があります。 細かな手続きの流れは 家庭裁判所ごとに多少の違いがありますので 家庭裁判所に問い合せてみましょう。

事務所案内

神奈川・東京6拠点

このページの先頭へ