性の不一致・セックスレス

性の不一致は具体的に以下のような例が挙げられます。デリケートな問題を含んでいるので、一概には結論を出しにくいと言えます。 ただその「性の不一致」の内容や程度が”離婚もやむを得ない”と判断されれば、それが婚姻を継続しがたい重大な事由に該当し、離婚理由として認められる可能性があります。

  • 性交拒否
  • セックスレスである
  • 性交不能 夫が性的不能者である
  • 異常性欲 性的嗜好が異常である

関連条文

民法第770条
(裁判上の離婚)
夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
  1. 配偶者に不貞な行為があったとき。
  2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
  3. 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
  4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
  5. その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
2 裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。
事務所案内

神奈川・東京6拠点

このページの先頭へ