離婚問題 解決事例(男性)

協議離婚成立後、慰謝料請求されてしまった

【状況】
弁護士を通さず、協議離婚をした。しかしその後、妻が弁護士をたて、結婚期間中の暴力行為等を理由として、慰謝料請求の調停,訴訟を起こされた。

【夫の意向】
「夫婦げんかはあったが、慰謝料を支払わなければならないような暴力はふるっていない。不当な請求をやめさせてほしい。」

夫の主張を丁寧に裁判所に伝えた結果、裁判所は夫側の主張を認め、妻の請求を全面的に棄却する判決を下した。

妻に居座られ、離婚後巨額の生活保障を支払わないと離婚しないと言われてしまった

【状況】
妻は夫名義の自宅に住み続け、住宅ローンは夫が負担。妻は「将来にわたる生活保障をしてくれない限り離婚できない。」と主張し、離婚の話し合いは膠着状況に陥っていた。

【夫の意向】
「ほかの弁護士に相談したところ『今後何年間も別居期間を重ねないと離婚することはできないだろう。』と言われた。しかし早急に離婚したいし、妻には自宅から出て行って欲しいが、金銭的な負担は困難。」

裁判所に訴訟を提起し、夫の言い分を裁判所に訴えるとともに、法律構成を工夫して、妻を自宅から退去させるよう求めた。結果、裁判に勝訴し、妻への金銭の支払いなしで離婚を成立させ、さらに妻を自宅から退去させた。

調停で決められた婚姻費用の支払約束を変更したい

【状況】
夫は弁護士に依頼せず自分で離婚調停をしていたが、妻は夫の有責性を主張し、離婚調停は膠着状況に陥っていた。それだけでなく、調停中に夫は妻に月額20万円を超える婚姻費用を支払う約束をしてしまうが、のちに支払いは困難な状態になってしまった。

【夫の意向】
「早急に離婚したい。妻への支払いをなんとかしたい。」

調停で離婚を成立させ、さらに夫の現実の経済状況の理解を妻に求め、妻への支払いの金額を20万円から4万円に減額した。

妻が突然子供を連れて出ていった

【状況】
ある日突然、妻が子供を連れて家出。その後、妻のたてた弁護士から連絡が来て、子供と会うこともできなくなってしまった。

【夫の意向】
「妻は勝手に出て行ってしまったうえ、子供とも会えなくなるのは納得がいかない。」

はじめは調停中に子供に会うことは拒否されたものの、粘り強く交渉を続けた結果、子供との面会を実現させた。

妻から多額の財産分与を要求された

【状況】
妻が弁護士をたて、暴力による慰謝料と財産分与として、総額約5,000万円を請求する訴訟を起こした。

【夫の意向】
「5,000万円とはあまりに高額であり、とても支払うことは出来ない。どうにかしてほしい。」

夫婦の財産内容を詳細に分析し、妥当な解決策を模索。妻に3,500万円相当の自宅を渡し、かわりに妻から夫が約400万円を受け取る内容で和解を成立させた。

別居中の妻から離婚したいなら全財産渡せと言われてしまった

【状況】
別居中の妻に離婚したいと話したところ、妻から「離婚の条件として全財産を渡せ。」と言われ、離婚の話し合いは膠着状況に陥っていた。

【夫の意向】
「全額を渡すことはできない。相当な額で財産分与をして、離婚したい。」

弁護士が妻と直接交渉をした後、調停を申し立てた。粘り強く話し合いを続け、最終的に、全財産の半額ずつを財産分与する内容で調停を成立させた。

ささいなことで離婚訴訟をおこされてしまった

【状況】
妻がささいな事情を離婚原因として主張してきて、離婚訴訟を提起した。

【夫の意向】
「何らかの説明や誠意のない状況での離婚には納得できない。」

納得いかない離婚には応じられないと弁護士が粘り強く裁判所に伝えた結果、妻からの離婚請求を棄却する判決を得ることができた。

妻から実家と弁護士の意向で離婚を求められた

【状況】
妻が、実家と弁護士の意向により、離婚を求めてきた。

【夫の意向】
「関係が修復できるなら、子供のためにもやり直したい」

交渉や調停等を通じて、妻との信頼関係の回復を図り、関係を修復することに成功した。

別居期間は短いが離婚したい

【状況】
結婚して約4ヶ月間同居したのちに、別居し離婚調停を申し立てるも、妻は離婚を徹底的に拒否し不調に。依頼された時点では別居後半年ほど経過したところだった。

【夫の意向】
「なんとしても離婚したい。」

比較的短期間の別居であったが、婚姻破綻による離婚を認める判決を得て、離婚を成立させた。

妻から家を追い出され、調停・訴訟を提起されてしまった

【状況】
妻が、一方的に自宅から追い出した上、離婚を求めて調停・訴訟を提起してきた。妻にも夫にも暴力や不貞はない。

【夫の意向】
「離婚はやむを得ないが、財産分与と慰謝料を要求したい。」

妻に対して、財産分与100万円、慰謝料100万円の支払を命じる判決を得ることに成功した。

暴力を理由に、離婚と慰謝料を請求されてしまった

【状況】
妻から暴力を理由として、離婚及び慰謝料を請求された。

【夫の意向】
「離婚はやむを得ないが、慰謝料は納得がいかない。」

暴力の存在は認めたものの、離婚とは無関係との判断がされ、慰謝料請求を棄却する判決を得た。

養育費を減額したい

【状況】
離婚時に高額の養育費が定められたまま、支払を継続していた。

【夫の意向】
「収入に変化があったし、相手の状況に変化があるかも知れないので、養育費を決め直したい。」

調停を提起し、養育費の大幅な減額に成功した。

事務所案内

神奈川・東京6拠点

このページの先頭へ