離婚問題 解決事例(女性)

夫が自分の財産を明かさない

【状況】
離婚を希望して調停を起こしたが、夫が財産の開示を拒否したため、財産分与の話が進まず、調停は不調で終わってしまった。

【妻の意向】
「夫の財産を明らかにしたうえで、適切な額の財産分与を受けて離婚したい。」

訴訟を提起し、裁判所を通じて夫の財産を明らかにした結果、妻は財産分与として数千万円の支払いを受け、離婚を成立させた。

夫が離婚を拒否しているうえ、財産を隠している

【状況】
離婚を希望して調停を起こしたが、夫は離婚を拒否するとともに、自分の財産の開示を拒否。妻は夫に隠し財産があることを確信している。

【妻の意向】
「夫が隠している財産を明らかにし、適切な額の財産分与を受けて離婚したい。」

訴訟を提起し、裁判所を経由した調査嘱託を利用して、夫の財産を順次、芋づる式で明らかにした。最終的には、妻が財産分与として、夫名義であった自宅と約1,700万円の支払いを受ける内容の判決を勝ち取り、離婚を成立させた。

夫は浮気をしていないと言い張り離婚の話が進まない

【状況】
夫の浮気が発覚したため離婚を希望し、調停を起こしたが、夫は浮気はしていないと主張したため、話が前に進まず、調停は不調に終わってしまった。

【妻の意向】
「夫から損害賠償の支払いを受けて離婚したい。」

夫に対して離婚を求める訴訟を起こすとともに、夫の浮気相手に対して損害賠償を請求する訴訟を起こした。第一審で夫の浮気を認める判決を得(慰謝料認容額約600万円)、最終的に夫と浮気相手から、損害賠償金として約400万円の支払いを受ける内容で離婚を成立させた。

離婚を希望しているが、夫に離婚を拒否されている

【状況】
夫のモラルハラスメント的な性格(過剰な干渉,数時間にわたる説教 等)に耐えきれずに別居した。その後離婚を求めたが、夫は離婚を徹底的に拒否し、話が進まない。

【妻の意向】
「子供の親権を得、夫と離婚したい。」

調停,訴訟を経て、和解により離婚を成立させた。また親権も妻が取得することができた。

暴力も不貞もない夫へ慰謝料を請求したい

【状況】
趣味を優先し家事に消極的だった夫が、別居を始めたのちに離婚を求めて調停,訴訟を提起してきた。

【妻の意向】
「慰謝料を請求したい。」

夫に対して、慰謝料75万円の支払いを命じる裁判上の和解を成立させた。

離婚原因は自分にあるが、子供の親権と財産を適正に定めたい

【状況】
自分の不貞行為が原因で、自宅を追い出されてしまい子供は夫の元に。夫名義の不動産など財産がある。

【妻の意向】
「離婚は異議ないが,財産関係は適正に定めたい。子供の親権を取りたい。」

調停成立前に未払い婚姻費用を受け取り、さらに親権を取得し、慰謝料の支払はなし、一部財産分与を受ける調停を成立させた。

早く離婚したいのに、夫が話し合いに応じない

【状況】
離婚したいが夫が全く話し合いに応じない。2か月前に別居開始したが、住宅ローンと家賃の二重負担が厳しく、早く解決したい。

【妻の意向】
「早く離婚したい。」

弁護士が介入後、わずか約1か月半で条件合意し、協議離婚が成立した。

事務所案内

神奈川・東京6拠点

このページの先頭へ