離婚の理由

協議離婚調停離婚には離婚原因となるものにきまりはありません。

一方裁判離婚の場合、訴訟を提起するには、法定離婚事由(法律で定められた離婚の理由)が必要となります。離婚を認めるかどうかの争いのある場合は、この法定離婚事由をもとに”離婚の責任が夫、妻どちらにあるのか”(離婚の原因をつくった夫または妻を有責配偶者という)が議論されます。

法定離婚事由は以下の5つと定められています。

  • 不貞行為
  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 回復の見込みのない強度の精神病
  • その他婚姻を継続しがたい重大な事由

上記のなかでも特に不貞行為・悪意の遺棄などの場合は、有責配偶者であるとされると、慰謝料請求の対象となる場合があります。また婚姻を継続しがたい重大な事由は、実に様々な内容を網羅しています。上記はあまり一般的でないものや解釈の難しいケースもありますので、ここでは改めて以下の6つに分類し、それぞれ詳しく解説します。

性格の不一致
離婚理由で最も多い理由
性の不一致・セックスレス
不貞行為
夫または妻が浮気をした
飲酒・浪費・借金
暴力・虐待
ドメスティックバイオレンス・モラルハラスメント 等
その他の離婚理由
嫁姑問題、宗教問題、精神病、行方不明 等
事務所案内

神奈川・東京6拠点

このページの先頭へ